Hotels

【北こぶし知床 ホテル&リゾート】感動!流氷とサウナを同時に満喫できる唯一のホテル

こんにちは、旅サウナーまこです。

流氷をみながらサウナに入れることで話題の「北こぶし知床 ホテル&リゾート」(北海道斜里郡斜里町ウトロ)へ行ってきました!

さっそく詳細をレポートしたいと思います。

今期の流氷のシーズンはすでに終わってしまいましたが、

「北こぶし知床 ホテル&リゾート」に興味のあるサウナーの方や、来期の流氷観光で「北こぶし知床 ホテル&リゾート」を検討している方の参考になれば幸いです。

時期

流氷をみるなら1月下旬―3月初旬までがねらい目

ここ5年ほどの流氷初日(初めて流氷を肉眼で見ることができた日)は1月下旬―2月初旬で、流氷終日は3月下旬となっています。

また、天気により一瞬で流氷がなくなる日もあるそうで、その辺は運もあるかと思いますが、確実に見れる日程をチョイスしたほうが良さそうです。

今年は3月10日時点で、流氷がなくなりつつあるとのこと。

流氷の時期はホテルの宿泊も集中するので、値段も少々お高め。

ですが、せっかくなら流氷の時期を狙いましょう!一生に一度は見る価値あり!

流氷初日と終日のデータです。1月下旬から3月上旬がねらい目!

流氷観光船おーろらから引用しました

アクセス

女満別空港からバスが安全かつ楽

北海道の冬は、昼晴れてても夜突然雪が降ったりします。とにかく毎日のように雪が降るので、雪国に慣れている人以外は、レンタカーはやめたほうがいいと思います。

流氷
知床エアポートライナーからみた流氷

女満別空港から知床まで運行している知床エアポートライナー(バス)を利用するのが最も安全です。

片道3,300円とリーズナブルですし、女満別空港から北こぶし知床ホテルまで送迎してくれます。

ただし運行時期は、冬季は1月15日から3月6日までと期間限定(夏季も期間限定)のため注意。

知床エアポートライナーで運行状況チェックがおススメです。
予約も可能です。

網走港
網走港。知床エアポートライナーは女満別空港→網走→知床の順に進みます
車の場合

北こぶし知床ホテル公式HPによると、知床へは車で釧路空港や旭川空港からも行けるとのこと。釧路空港からは車で3時間、旭川空港からは車で5時間となっています。

ですが、雪が降ったりなどの道路事情により、予定よりさらに時間がかかる可能性があり、よっぽどの事情がない限り、女満別空港から行くのが無難と思います。

また、グループの場合は、定額タクシーもありかもしれません。(25,000円前後)

お部屋と館内

流氷をみることができるお部屋

本館のパーシャルシービューツインというお部屋でした。窓から流氷が見えて明るく、思ったより広かったです。

豪華な滞在をしたい方には、温泉付きユニバーサルルームや、露天風呂付きスイートルームもあります。

2022年2月には、なんとサウナ付きスイートルームもオープンしました。

館内には足湯テラスやクリオネちゃんも

2階のロビーから足湯テラスへ。足をつけることができるのですがちょっと寒いかも…

流氷眺められるカフェもいい感じです。

ロビーには、かわいいクリオネちゃんもいました!

サウナ&温泉

※サウナの写真はすべて#オフィシャル撮影タイム にて撮影しました。

流氷を見渡せるサウナ室

羽田から女満別まで2時間、女満別空港から知床までバスで2時間の長旅を終え、まずはサウナと温泉で旅の疲れを癒したいところ。

昼から夜は、男湯「UNEUNA」(写真上)、女湯「KAKUUNA」(写真下)側で、朝は入れ替えになります。

2つのサウナ、「UNEUNA」と「KAKUUNA」は、温度設定などは基本同じで、サウナ室のベンチのデザインが違うだけかな?と思います。

個人的には「UNEUNA」のデザインが、新しい感じがして好みです!

サウナ室には大きな窓があり、広大なオホーツク海と流氷が眺められます。

流氷や鳥や海水などの音声が流れて、オホーツク海を聴覚からも楽しめます。

本格フィンランドサウナで、15分に一度、オートロウリュが発動。湿度も温度も申し分なく、通常時で88度ほど、オートロウリュ発動時は100度近くなり、かなり熱いです。

回転も早く、サウナー以外の人も多いので、サウナ室はそれほど混んでいない印象です。

夕方は夕日に染まる流氷を、朝は朝日に輝く流氷を眺められ、なんとも贅沢な気分になります。

冷たく深い水風呂
kitakobushi 水風呂

水風呂は実際に入ったときは12度を示していました!

超冷たいのですが、熱いサウナの後は最高に気持ちがよかったです。

オホーツク海を眺めながらの外気浴
北こぶしサウナの外気浴

露天風呂には外気浴スペースが。流氷眺めながら、風にあたって休憩できます。

北こぶしサウナの外気浴

ととのい椅子もベンチもあるので、のんびり。

本当に、流氷みながら外気浴できるなんて最高に贅沢です!

ちなみに露天風呂だけでなく内風呂からも、流氷をみることができます。

内風呂は、低温、中温のウトロ温泉で、オホーツク海眺めながらのんびり。

これまた贅沢の極み。

ドリンクや脱衣所も至れり尽くせり

サウナ室わきにはドリンク用のハッカ水が。さっぱりして美味しい。

北こぶしサウナ

脱衣所でもゆったり休憩できます。

何より嬉しいのがドライヤー、レプロナイザー4D!(家でも愛用中!)ダイソンもありました。

北こぶしサウナ

2021年サウナシュランランキングでは、堂々2位獲得!人気なわけですね。

サウナシュラン2位 北こぶしサウナ
#オフィシャル撮影タイム

私も参加させていただきました!

#オフィシャル撮影タイム

オフィシャル撮影タイムの企画は、他のサウナ施設でもぜひやっていただきたいです。

実に楽しく、貴重なサウナ体験となりました!

お食事

北こぶしレストラン
朝と夜のブッフェはレベル高すぎ

夜は現地のレストランを食べに行きたいと思い、朝食付きのプランにしていました。

ところが現地のレストランは夕方で終了のところが多く、結局ホテルのレストランでいただきました。

北こぶしレストランステーキ

ステーキ最高!10皿くらい食べたかも…(笑)

知床カレーも超おいしく!じゃがいもも甘くて美味。

北こぶしレストランいくら

いくらも食べ放題♪

スイーツもアイスクリームからケーキまで。

北こぶしレストラン

めいっぱい、いただいてしまいました♪特に、ステーキ!

北こぶしレストランバイキング

スイーツとコーヒーはお部屋にお持ち帰り可能です!

北こぶしレストランスイーツ

朝ごはんも、もりもりでした♪

気になるお値段は、夕食1人5,500円なり。内容が素晴らしいので、超満足。

納得のお値段です。

流氷アクティビティ

楽しすぎた流氷ウォーク体験

メジャーな流氷アクティビティといえば「流氷ウォーク」。ドライスーツを着て、流氷の上を歩くというもの。

「ただ歩くだけでしょ?」と思っていたら予想以上に大変でした(苦笑)

シンラのインストラクター、サンノさんにお世話になりました!

氷の上は滑るので、氷と氷を渡るには少しの勇気がいります(笑)

一歩間違うと海に落ちるし…。

流氷が厚いところでは、安心して遊ぶことができます♪

流氷ウォーク体験は、楽しく、貴重な思い出となりました!大変おススメです。

  • 料金:6,000円
  • 前日までに予約をしておくのが無難です。北こぶし知床ホテル公式HPに紹介されている業者(シンラゴジラ岩観光MEPS)であればホテルまで送迎してくれます。
  • パンツスタイル・ニット帽を準備。携帯を持っていきたい場合には防水携帯ケースがあると便利。
  • 体力に自信のない方は「流氷クルーズ」がおすすめ!

道の駅・世界遺産センター

道の駅でお土産をGET

ホテルから徒歩5分、道の駅と知床世界遺産センターがあります。有名な羅臼ホッケなど、知床産のお土産も揃っています。

知床道の駅

超高級なお魚も!羅臼ホッケや鮭は1枚1,000円前後とお買い得でしたので、クール便で実家に送りました。

並びには、知床世界遺産センターがあり、知床の自然を理解できる資料やパネルがたくさん。

知床道の駅
知床道の駅

夏も自然を楽しめそうです。

料金・予約

早い時期からの予約が必須

流氷の時期は約1か月半ほどと限られているので、とにかく早めの予約をおすすめします。(早い時期に予約したほうが、安いうえに希望の日程を確保できるため)

公式HP、一休、じゃらん、楽天トラベル、エクスペディア、など、あらゆる旅行サイトから予約はできますが、個人的には一休がおススメです。

私は半年以上前に「一休」で予約し、2泊朝食付き2名で50,000円(一泊ひとり12,500円)ほど。

お部屋の種類、食事も朝食付き、2食付きと選択肢も多く、お値段も一休は他のサイトより安かったです。


\タイムセールもやってます/

まとめ

いかがでしたか?

サウナにハマって、流氷を見に行くとは思ってもいませんでした。

サウナと自然を楽しめる冬の知床。宿泊は「北こぶし知床ホテル&リゾート」一択!

ぜひ行ってみてくださいね!

北こぶし知床ホテル&リゾート 基本情報