Facilities

【星野温泉トンボの湯】軽井沢で紅葉とサウナとグルメを満喫する

こんにちは。旅サウナーまこです。

さて10月に野尻湖の「The Sauna(ザ・サウナ)」の予約がとれたので、2泊3日で長野へ行ってきました!今年2回目の、大好きな長野へサウナ旅です。

前回は7月で、暑い夏でしたが、今回は紅葉のよい時期。軽井沢に寄ったり観光もエンジョイ予定です。

軽井沢へ

初日は、軽井沢星野エリア・ハルニレテラスの『沢村ベーカリー』で8時に朝食をいただき、10時-12時で「トンボの湯」、ランチ後16時に野尻湖の「 The Sauna(ザ・サウナ) 」という予定で、朝の5時半に東京を出発しました。

★1日目予定★
  • 8時:軽井沢の沢村ベーカリーでモーニング
  • 10時:トンボの湯
  • 13時:ドンキホーテでランチ→旧軽井沢通りでぶらぶらに変更
  • 16時:野尻湖のThe Sauna(ザ・サウナ)

夜型のため、普段は早起きできないのですが、なぜか旅行となると早起きになります(笑)

関越自動車道を利用して、渋滞もなく、8時すぎに無事軽井沢星野エリア・ハルニレテラスに到着しました!

こちらがハルニレの木。紅葉がベストタイミングでした。きれいです!!

軽井沢星野エリア

軽井沢は、星野リゾート発祥の地ということで、星野リゾートにより、宿泊だけでなくさまざまなサービスが提供されています。

ムササビウォッチング野鳥観察などのネイチャーツアーなどのアクティビティもあるそう。機会があったらトライしてみたいです。

紅葉がとてもきれいで、雰囲気いいです。

ハルニレテラス

カフェの左手前や、右奥がハルニレの木

100本以上のハルニレのが立ち並ぶ川沿いのテラスに、16店舗のレストラン・カフェ・ショップがあるエリアです。「軽井沢星野エリア」の中にあります。

ハルニレの木は、2本の木がよりそっているように立っているため、愛の象徴だとか、恋人たちのパワースポットとも呼ばれているそうです。DREAMS COME TRUE(ドリカム)の歌詞にも登場しているようですね。

そんなロマンチックな木とは…。あとで知ったのですが(笑)

ちょうど紅葉が最高な時期で、とても素敵でした。

沢村ベーカリー

ここのモーニングを目指してやってきました!

私がイメージするおしゃれな軽井沢、にピッタリな雰囲気です。

店内も素敵すぎる!

朝の4時起床で活動していると8時でもかなりお腹が空きまして。

メニューは、一番の推しと思われる「沢村モーニングプレート」と、甘いものも食べたいので「フレンチトースト」、それとドリンクは「紅茶」をチョイス。

モーニングプレート税込み2,200円。豪華!もしかして、2人分?
王道フレンチトーストプレート。税込み1,848円

これらをシェアしていただきました。やはりパン、美味しいです!軽井沢と言えばパンが美味しいという印象通り。

ちなみに、バターのお替りは「有料」と言われたので、遠慮しました(笑)

紅茶でいただきました。

星野温泉トンボの湯

トンボの湯はハルニレテラスから5分ほど歩いたところにあります。近辺散歩しながら向かいました。

ハルニレの木がありますね。川のマイナスイオンが気持ちいい~

「軽井沢星野エリア」にある星野温泉トンボの湯。1915年に開湯、源泉かけ流しの温泉です。北原白秋や与謝野晶子もつかった名湯なのだとか。

サウナもあり、軽井沢で行きたいサウナといえばトンボの湯と言われるほど、人気があります。

私もまだ行ったことがなかったので、超楽しみにしてきました。星野リゾートが運営しているだけあって、おしゃれです。

平屋の建物で、女湯と男湯で、左右にわかれています。

向かって左側が男湯、右側が女湯です。

入館料がベネフィットステーションで割引に

入館料は、大人1350円。タオルセットは300円。(8月、GW、年末年始は特別料金で1550円)

会社の福利厚生などでベネフィットステーションに加入されている方は、スマホで、トンボの湯のクーポンページをみせるだけで200円の割引になります。

私たちも、ベネフィットステーションの恩恵(ベネフィット)を得ることができました!

ベネフィットステーションは、メジャーな温浴施設の割引があるのでかなり使えると思います。

それから、受付で「サウナに入るかどうか?」と聞かれますので、入ると言うと、サウナマットを無料で貸してくれます。

脱衣所

エントランスです

中に入ってみますと、縦長の大きなロッカーもあり、旅行客のようなたくさん荷物がある人にも対応できるのがありがたいです。

とてもきれいで、パウダースペースは8人ほど利用できます。ただし混んでいるときにはパウダースペースもうばいあいになりそうです。

大浴場前には飲泉できるコーナーがあります。お水美味しかったです。

大浴場

内風呂、露天風呂と水風呂(露天にあり)のシンプルな作り。とろみのある泉質は「美肌の湯」と言われているそうです。

一つ一つが大きいお風呂なので、人との距離を気にすることなく、のんびり浸かることができてよいなと思いました。

ヒノキが香る内湯からも壮大な景色が眺められます。

星野温泉トンボの湯公式HPより 内湯

サウナ

女湯は5人まで、男湯は7人までの人数制限がありました。サウナ室の中は、新型コロナウイルス対策と思われる仕切りがあり、プライベート感があります。

サウナ室には窓があって、外の景色が眺められるのもいいなと思いました。

温度は75度ほどで、じっくりあたたまれます。15分ほど入っていると汗もしたたってきました。サウナ待ちの人がいるといけないので、あまり長居もできなかったのですが。

女湯のサウナに入っていた方々は、私以外はみな、年輩の地元の常連さん?のようでした。

水風呂

源泉で自然の温度と思いますが体感12-3度くらいでしょうか。超冷たくて、気持ち良かったです。

露天スペース

サウナに行く途中、長ベンチがいくつかあり、そこで休憩もできます。

サウナであたたまった体をクールダウンしたいですが、冷えすぎもNGなので、寒い時期は温泉に半身浴しながらの休憩がおすすめです。

星野温泉トンボの湯公式HPより 露天風呂 緑の葉は紅葉していました

さて、露天からの景色は感動的でした。紅葉を眺めながらのんびりお湯につかる…なんて最高の贅沢かも。

熱めのお湯ですが、外気が冷たいのでちょうどよかったです。熱いお湯が苦手な私でも、比較的ゆっくり浸かることができました。

訪問は午前中がねらい目

夕方が混みあうので、時間が許すなら午前中から15時までがおすすめです。

私たちも10時の開店を目指していきましたが、紅葉の時期で人出もあり、午前中でも人は多めでした。

紅葉図書館

2021年10月8日ー11月7日に、軽井沢星野エリアの中でも特に紅葉がきれいなエリアで、屋外の図書館が開催されていました。

本を読んだり、りんごスイーツやドリンクが楽しめたり。トンボの湯から出たあとに休憩がてらちょっとのぞいてみました。

約500冊の本と紅葉のコラボ。モデルさんのように絵になっています。

星野温泉 トンボの湯 基本情報
  • 営業時間:10:00~22:00(最終受付21:15)
  • 電話番号:0267-44-3580
  • 利用料金:大人1,350円 / 子供800円(3才~小学生)(8月、GW、年末年始は1550円)
  • 駐車場   平日無料 土日祝日有料(最初の30分 無料 以降1時間毎300円( 上限 3,000円 )

旧軽井沢通り散策

長野で国産牛のハンバーグ・ステーキのお店「ドンキホーテ」でランチする予定でした。

ところが、予想以上に沢村でのモーニングがボリューム満点でお腹空いていなかったため、旧軽井沢通りでぶらぶらすることにしました。

緊急事態宣言が明けたからか、平日でしたが割と人は多めでした。

「Cafe Saku-G」

抹茶ソフトクリームが美味しそう!だったので、ソフトクリーム屋さんはたくさんあるのですが、惹かれて思わず入ってしまいました。

栗庵風味堂 軽井沢店に併設しているカフェSAKU Gさんです。

抹茶が超濃厚で美味しかったです!!いや~これは美味しすぎやばい…

浅野屋のパン

パンが美味しい軽井沢の中でも、昔から浅野屋さんのパンが大好きです。昔は四谷まで買いに行ったりしていました。(四谷店は閉店したらしいですが)

現在では、六本木ミッドタウン、上野、東京、品川、池袋、横浜とものすごい進出ぶりで、入手も楽になり、大変嬉しい限りです。

旧三笠ホテルカレーパン

旧軽井沢通り入口で行列ができていた軽井沢キッチン。お目当ては、三笠ホテルのカレーを使った、カレーパン。

三笠ホテルのカレーパンが日本一美味しい」と絶賛する人多数いらして、絶対食べたかったんですよね。

旧軽井沢通りの入り口にあります!

三笠ホテルのカレーパン360円です。

揚げたてが一番おいしいので、すぐいただきました!本当にすごくおいしい~!!

パンはさくさくしていて、香ばしい!カレーが割と辛めでたっぷり入ってます。このカレーパンが日本一美味しいっていうのもうなずけます。

軽井沢立ち食いグルメとしてはMUST(マスト)ではないでしょうか。

三笠ホテルのカレーパンは、ここ、軽井沢キッチンでしか食べられないので、軽井沢にきたら必ず立ち寄りたいお店のリストに入れておきましょう。

初日前半まとめ

やはり軽井沢最高ですね!!紅葉の時期は特に素晴らしかったです。

この記事は初日の前半のみの記録でした。 初日の続き「The Sauna(ザ・サウナ)」 は次のブログで記載したいと思います。